5月のお膳「春の風物詩をたっぷりと」

早いもので、気づいたら5月になっていました!
今月の「お膳料理」は、春の風物詩・山菜をふんだんに使用した季節感たっぷりのメニューとなっています。
さらに!じつは、抱卵前のこの時期がいちばんおいしいと言われる「春牡蠣」をグラタンにして用意しました。濃厚なうまみと、とろけるような歯ざわりでとりこになること間違いなし。
さらにさらに、気仙沼であがった初ガツオも。紹介しきれないほどそれぞれ、こだわりの一品がそろっております。

「牡蠣グラタン ASC国際認証取得戸倉っ子かき 使用」

うまみがギュッと凝縮される抱卵前の春牡蠣は「この時期がいちばんおいしい」と通が好むおいしさです。ホワイトソースとチーズをのせてより豪華に、濃厚な味わいが楽しめます。

 

「初ガツオの御造り」

気仙沼で水揚げされるかつおの御造り。たくさんの薬味と刻み野菜を添えて、からしマヨネーズで。初物のおいしさを存分に楽しんでください。

 

 

「素揚げ筍のサラダ仕立て」

ここいりやどがある里山の地域で豊富にとれる筍。やわらかい筍の穂を素揚げにして野菜といっしょにサラダで食べていただく一品です。

「若竹煮」

地元でとれる筍と、南三陸産のわかめをいっしょに楽しめるやさしい味わいの一品です。

 

「山菜の胡麻和え」

その時期にとれる山菜を使用した胡麻和えです。季節もののおいしさを味わってください。

 

※仕入れ状況により変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

2018-05-22T19:04:22+00:00 2018年 05月 01日|NEWS, 料理|